会員ページ

会員からのメッセージ

鈴木 正治大和ハウス工業株式会社 CS推進部 次長

 住宅産業協議会に参加させていただくまでこの協議会の活動は住宅CSアンケートの調査以外には良く知りませんでした。参加以来、各部会・研究会で様々な活動をしていることを知り、また、CSアンケート調査以外にも成果物が多くあることも知りました。一方で、これらの有意義な成果物が部外には知られていないのが現実でもっとアピールしたら良いのにと思うようになりました。
 そこで、私の任期中の仕事としてこの協議会の活動を積極的に外部にアピールし認知度を高めてもらえる活動をしていきたいと考えています。具体策はこれから考えますが、会員各位にもいろいろとアドバイスをいただければ幸いに存じます。
 最後になりましたが、旭化成ホームズ株式会社様はじめ前執行部の方々のご尽力に感謝申し上げ、今後も会員各位とさらなるご協力を賜れますようお願い申し上げます。

中村 裕パナホーム株式会社 品質・環境本部本部長

 縁あって、住宅産業協議会活動に長く携わらせていただいています。(30年以上前、入社してしばらくして、住宅産業協議会の前身 品質管理優良認定工場会時代にQCサークル大会関連で関与したのが最初です…)
 活動も工場の品質管理からTQCそしてCSへと進化し、そして最近はストックビジネスに役立つ活動へ。現在は、研修企画部会長を担当しておりますが、これまでにお世話になった先輩そして現在のメンバーに感謝しながら、会員の皆様 特に活動の柱であるCS評価研究会メンテナンス研究会のメンバーに役立つ旬の研修・見学会をと思っています。

杉村 俊明三井ホーム株式会社 お客様相談室 チーフマネジャー

 住宅ストックの活用が重要視される中、当研究会ではその時代の要請に合わせ、長期のCSとリフォームマーケットの関係を各社のお客様へのアンケート等を通じて明らかにしていく取組みを行っています。
 現在WEBのアンケートを実施中ですが、ご入居後のどのようなアフターサービス活動がお客様に評価され、結果としてリピートが頂けるのか分析し、会員各社様の現場で有効活用して頂くとともに、更なるお客様のCSの向上に寄与できればと考えております。
 尚、当研究会では会員各社間の活発で良好なコミュニケーションを図ることも重要な目的としております。皆様からの忌憚のないご意見をお待ち致しております。

好岡 宏哲パナホーム株式会社 メンテナンス技術部 技術開発グループ チーフマネージャー

 当研究会では、「より長く・より快適に」お住まい頂くために、オーナー様ご自身による「日頃のお手入れ・点検・簡単修繕」と「計画的なメンテナンス」の啓発活動を行っております。
 「住まいと設備のメンテナンススケジュールガイド」や「住まいと設備のメンテナンスマニュアル」などを活用した啓発活動に加え、展示会出展活動を通して、一般の消費者の皆様にメンテナンスの重要性を知って頂きたいと考えております。
 適切なメンテナンスは、住宅の長寿命化を通して顧客満足につながります。メンテナンススケジュールの更なる認知度向上とセルフメンテナンスを含む適切なメンテナンス実施を推進して参ります。

上へ